あやすけの家

3人家族(夫婦+1歳児)の育児と趣味のブログです。

【まとめ買い】赤ちゃんのおしりふきの消費量について【使い切れるか心配な方へ】


スポンサーリンク

こんにちは、あやすけパパです。

赤ちゃんが産まれてから必ず必要になるものの一つが「おしりふき」です。

我が子に合う商品が見つかったらまとめ買いして少しでも安く入手したいですよね。

おしりふきは、何十パックかセットでまとめて箱買いすることで、1枚当たりの単価を安くすることができますが、こんなにも使い切れるのかと不安に思いますよね。

今回の記事では、我が家で実際におしりふきをまとめ買いして使用してどのくらいの期間で使い切ったのか結果などをまとめて紹介しますので、どの程度の枚数が必要か目安にしていただければと思います。

また、まとめ買いに最適なコスパの良いおすすめのおしりふきを調べてみましたので、そちらも参考にしてみてください。

 

赤ちゃんのおしりふきの消費量について

当ブログ管理人の場合のおしりふき消費量

我が家では西松屋のおしりふき2880枚(80枚×36パック)を子どもが産まれてすぐにネット通販で購入しました。

 

これを使い切ったのが、約1年2か月後でした。

我が家のおしりふきの使い方はおむつ替えのときに使用するのみで、うんちのときだけ使っていました。

なので、使い方としては必要最小限ということになると思います。

厳密に言えば試供品のおしりふきなどをいくつか使っていますので、西松屋のおしりふき+320枚(4パック)で合計3200枚(80枚×40パック)として考えてみます。

 

単純に1日当たりの消費量を計算してみると

 

3200枚÷(365日+60日)=約7.5枚

 

1日平均約7.5枚使用しているという結果になりました。

(新生児期ほど消費が多く、大きくなるにつれて消費量は少なくなります)

 

おしりふきはおむつが取れるまでは使用することになりますので、まとめ買いしても十分使い切れる量であるということが分かりました。

一般的な家庭のおしりふき消費量

一般的におしりふきをどの程度使用するのか調べてみると、我が家の場合よりも多めで1日10枚~60枚(年間3650枚~21900枚)と幅広い範囲の意見がありました。

おしっこにもおしりふきを使用する方も多いようですし、トイレの頻度は子どもによってバラバラなので家庭によって消費量はバラバラかもしれませんね。

いずれにせよ、大量にまとめ買いしても十分消費できるということには変わりありません。

コスパ重視!1枚あたりの価格が安いおしりふき紹介

まとめ買いに最適なおしりふきを調べましたので紹介します。

価格は10月上旬時のものでポイント還元や定期便などの割引は考慮していません。

下の商品ほど1枚当たりの価格は安いですので、ぜひ参考にしてみてください。

【グーン】肌にやさしいおしりふき タップリッチ 1680枚(70枚×24個)

〇枚数:1680枚

〇価格:2284円

〇1枚単価:1.36円/枚

【ムーニー】おしりふき やわらか素材 純水99% 詰替 1920枚(80枚×24)

〇枚数:1920枚

〇価格:2381円

〇1枚単価:1.24円/枚

【Mama Bear (ママベアー)】おしりふき 純水 99% 80枚入×20個 (1600枚)

〇枚数:1600枚

〇価格:1943円

〇1枚単価:1.21円/枚

【レック】純水99% おしりふき 「ポチ」 80枚入×20個 (1600枚) 

〇枚数:1600枚

〇価格:1701円

〇1枚単価:1.06円/枚

西松屋】SmartAngel おしりふき2880枚(80枚×36個パック)【水99%】

〇枚数:2880枚

〇価格:2970円

〇1枚単価:1.03円/枚

 

【レック】おしりふき 純水99% バラベンフリー80枚×48個 計3,840枚 大容量 お得用

〇枚数:3840枚

〇価格:3800円

〇1枚単価:0.99円/枚

 

【結論】おしりふきはまとめ買いしても余裕で使い切れる

今回は我が家のおしりふきの使用履歴を元にまとめ買いして使い切れるか考察しましたが、余裕で使い切れるという結論となりました。

各家庭によって使い方や使用頻度は様々だと思いますが、少しでも安く購入するためにまとめ買いすることを推奨します。

ただし、中には肌に合わなかったり使いにくい製品があるかもしれませんので、出産前の準備品としてはまとめ買いせずに、出産後に一度試しに使用してから検討したほうが良いと思います。

おしりふきは1枚1円前後と安いですが、毎日使用するものなので積み重なると結構な出費になります。

まとめ買いで少しでもお得におしりふきを入手して何かと嵩む育児の出費を抑えたいですね。